<   2006年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧
新車情報号は2月2日発売!!
表紙はバリチェロが乗ったRA106です。
よく考えると、バリチェロが表紙なんていつ以来でしょうか。
シーズン中は表彰台が表紙に使われることが多いので何度かルビーニョは登場していましたが、オフシーズンではもしかしたら初めて? というくらいレアな1冊。
バリチェロファンは必買ですな。

f0003285_18163320.gif


さて、この号は新車情報号の名にふさわしく、ホンダRA106、BMWザウバーF1.06、フェラーリ 248F1、ウイリアムズFW28と4台のマシンが詳しく乗ってますのでお買い得。もちろんテスト情報も満載です。

さあ、みなさん2月2日木曜日に本屋へGO!!
[PR]
by eflog | 2006-01-31 18:18
帰国途中
フランクフルト空港に着きました。
ヨーロッパでは無線LANのHOT SPOTがどこにでもあるのが便利です。無線LANが使えるマクドナルドとかがあったりします。

さてさて、ネット上でも先日正式承認されたスーパーアグリF1は、話題になっていますね。
琢磨選手も公式ホームページでコメントを出しています。
彼がファーストドライバーになるのは99.9999999……%確実ですが、セカンドドライバー候補と言われている日本人選手もすでに渡英しています。2月22日からバルセロナテストに2台揃って参加する予定なので、それまでには発表があるということでしょうねえ。

開幕マシン“SA05”はどうやらロールフープ以外はすべてのクラッシュテストに通過したようです。戦闘力とかよりも、きちっと用件をそろえて第1戦のグリッドにつくにためのマシンなので厳しい戦いになるでしょうが、毎レース応援していきたいと思います。

では、次回は日本から!
[PR]
by eflog | 2006-01-29 03:49
バルセロナテスト 1月27日
f0003285_9422521.jpg

朝の気温2度、路面温度1度……。
雪交じりの小雨が降る中、午前9時のグリーンライトとともにラルフ・シューマッハー、リカルド・ゾンタ、アンソニー・デビッドソンがインスタレーションラップに出て行きました。

f0003285_9462897.jpgトヨタの2台はピットに戻ってきましたが、デビッドソンはギヤボックスのトラブルで3コーナーでコースオフ。マシンはトラックに乗ってピットに帰ってきました。



その後、雪→本降りの雨となり、どのチームのガレージもシャッターを閉じたまま。チームスタッフもリラックスモードで全然走る気配がありません。f0003285_9493743.jpg路面温度が低すぎて、ウェットテストもできないため、その後誰も走行することなく午後2時過ぎにテストが中止となりました。




そのおかげでいろいろチーム関係者に話を聞くことができましたのが幸いでしたが、そういえば前回バルセロナテストに来たときも最終日が雨だったような……。
意外と雨男だったりして。

f0003285_9515472.jpgどのチームと話をしても、やはり昨日のルノーのロングランのペースとメルセデスの苦戦ぶりを口にしていました。そうそう、ブリヂストン陣営はフェラーリ248にかなりいい手応えをつかんでいるようです。

f0003285_953119.jpg次の山場はバーレーン、バレルンガ、バレンシアの3カ所で行われる2月14日からのテストと、その翌週21日から行われるバルセロナテスト。そこにはスーパアグリF1も参加する予定です。開幕直前のテストなので要チェックですね。
[PR]
by eflog | 2006-01-28 10:07
バルセロナテスト 1月26日
ようやくスーパーアグリF1チームの再エントリーが受理されました。
チーム体制の発表は近いうちにあるとのことです。
英国リーフィールドにあるSAF1ファクトリーで制作中のアロウズA23ベースのマシンは2月中旬にシェイクダウンを予定。
ある関係者は「アロウズA23に見えないと思うよ」と話していますが、どんな姿で登場するのか楽しみです。

さて、今週のバルセロナテストも佳境に入り、ミハエルとライコネンが合流しました。
f0003285_8223392.jpgテスト開始の午前9時の時点で気温0度、路面温度が1度と非常に冷え込み、パドックの水たまりは氷が張ってます。
午前中は11時過ぎまで走行を見送るチームがほとんどでした。

f0003285_8245433.jpg
そんなコンディションながらミハエルは9時40分過ぎから7周ずつのスティント3回走行しマシンをチェック。午後の最後には15周のスティントを2回試して初日を終えました。順調にプログラムをこなしているように見えましたが、チームの取材規制でミハエルの新車248F1初乗りの感想は明日まで持ち越し。さてどんなことを言うのでしょうかね。

一方このオフ初めてテストに参加したライコネンですが、テスト後はご機嫌斜め。
どうやらメルセデスのV8はふつうに回すと100kmちょいで壊れるので、昨日までのモントーヤが18000回転。そして今日のライコネンは17500回転までレブリミットを下げて走っていたようです。
「いくらテストと言ったって、リザルトで下の方に自分の名前があるのも嫌だし、エンジンにもパワーがないし……」とぼやいていました。
MP4-21のコーナーリングは速いんですけどねえ。

明日は雪の予報もあるようですが、いったいどうなることやら

<バルセロナテスト4日目>
晴れ/ドライ T-1/13 A-0/13
ドライバー シャシー エンジン タイム 周回数
1.フェリペ・マッサ F2004-V8 1'15"970 73
2.ルーベンス・バリチェロ RA106-V8 1'16"361 66
3.ジャンカルロ・フィジケラ R26-V8 1'16"365 68
4.ニック・ハイドフェルド BS F1.06-V8 1'16"549 89
5.ジェンソン・バトン RA106-V8 1'16"739 81
6.フェルナンド・アロンソ R26-V8 1'16"754 109
7.デイビッド・クルサード RB2-V8 1'16"885 43
8.ミハエル・シューマッハー 248 F1-V8 1'16"907 78
9.ヤルノ・トゥルーリ TF106-V8 1'17"250 85
10.ラルフ・シューマッハー TF106-V8 1'17"506 71
11.ビタントニオ・リウッツィ RB1-V10 1'17"590 93
12.キミ・ライコネン MP4-21-V8 1'17"741 65
13.ロベルト・クビカ C24B-V8 1'17"992 93
14.ペドロ・デ・ラ・ロサ MP4-20-V10 1'18"258 47

f0003285_8465355.jpgこのオフ初めてレッドフラッグを出したルノーですが、ロングスティントのタイムは一番安定しています。10周以上のスティントで、18秒台で走れていたのはフィジケラだけでした。
[PR]
by eflog | 2006-01-27 08:52
バルセロナテスト 1月25日
f0003285_7104656.jpg

第三期初のワークスホンダマシン・RA106がデビューしました。
1台だけではなく、2台揃えて発表させたところに、意気込みを感じます。

一見、BARホンダ時代から続く、正常進化型マシンに見えますが、じつはフロントサスジオメトリーなどが一新されて、これまでとはまったく違うキャラクターを目指したマシン。
シーズン途中にBスペック投入を考えていたそうですが、それらのアイデアを前倒して投入してあるそうです。
最終コーナーからストレートへの立ち上がりにあるピット前では、ルノーR26と同じスピードに加速(昨年は10km/hほど遅かった)していますし、狙いどおりのマシンになっているのではないでしょうか。
今日はまだ初日なので、マシンセットアップは6割ぐらいという状態ながら、先にデビューしていたルノーR26に肉薄しているのもいい兆候でしょう。

明日からは、今日のドライバーコメントなどをもとにマシンを調整して走るとのこと。

さて、いよいよ明日、フェラーリ248のミハエル、中国GP以来実に101日ぶりに走行するライコネン(MP4-21)といった注目ドライバーも参加します。
アロンソも引き続きR26でテストする予定なので、オフテストのひとつの山場となりそうです。

f0003285_713497.jpg

<バルセロナテスト3日目>
晴れ/ドライ T-/13 A-/11
ドライバー シャシー エンジン タイム 周回数
1.フェリペ・マッサ F2004-V8 1'15"664 67
2.フェルナンド・アロンソ R26-V8 1'16"200 94
3.ジェンソン・バトンRA106-V8 1'16"678 72
4.ジャンカルロ・フィジケラ R26-V8 1'16"728 84
5.ルーベンス・バリチェロ RA106-V8 1'16"737 51
6.ニック・ハイドフェルド BS F1.06-V8 1'17"046 61
7.ヤルノ・トゥルーリ TF106-V8 1'17"068 109
8.オリビエ・パニス TF106-V8 1'17"422 90
9.ファン−パブロ・モントーヤ MP4-21-V8 1'17"481 80
10.デイビッド・クルサード RB2-V8 1'17"582 76
11.スコット・スピード RB1-V10 1'18"082 86
12.ゲイリー・パフェット MP4-20-V10 1'18"247 65
13.ロベルト・クビカ C24B-V8 1'20"016 62
[PR]
by eflog | 2006-01-26 07:39
バルセロナテスト 1月24日
f0003285_1372645.jpg
バルセロナサーキットのテストではグランプリ同様に、選手権順にピットが割り当てられます。
明日から走るチームも含めると、ルノー、マクラーレン、フェラーリ、トヨタ、ホンダ、BMWザウバー、レッドブル、トロロッソと8チームのエンジニアトラックやトランスポーターが並んでいて、なかなか壮観です。

f0003285_1385281.jpg
昨日デ・ラ・ロサがシェイクダウンしたマクラーレンの新車MP4-21を、今日はモントーヤがテスト。コーナーへの進入ではBMWよりも明らかに速く、空力マシンの片鱗が見えました。

本日のトップタイムはジェネでしたが、ごらんの通り、2004年車両。f0003285_1375778.jpg今日ムジェロサーキットで発表された新車248は、ムジェロが想定外の寒さのため、急遽このバルセロナでテストすることになりました。木曜日、金曜日とミハエルがテストします。

新車が大集合する今週のテストはかなり盛り上がりそうです。

<バルセロナテスト1日目-1月23日>
晴れ/ドライ T-/17 A-/21
ドライバー シャシー エンジン タイム 周回数
1.ジャック・ビルヌーブ BS F1.06-V8 1'17"242 84
2.ゲイリー・パフェット MP4-20-V10 1'18"066 74
3.ペドロ・デ・ラ・ロサ MP4-21-V8 1'18"247 19
4.ニック・ハイドフェルド C24B-V8 1'18"471 82

<バルセロナテスト2日目-1月24日>
晴れ/ドライ T-/- A-/-
ドライバー シャシー エンジン タイム 周回数
1.マルク・ジェネ F2004-V8 1'16"583 88
2.ジャック・ビルヌーブ BS F1.06-V8 1'17"635 92
3ファン−パブロ・モントーヤ MP4-21-V8 1'17"639 87
4.ゲイリー・パフェット MP4-20-V10 1'17"798 55
5.ニック・ハイドフェルド C24B-V8 1'18"393 23
6.ロバート・ドーンボス RB2-V8 1'19"104 61
[PR]
by eflog | 2006-01-25 01:36
バルセロナ入りしました
 先月もそうでしたが、これまでフランクフルトで乗り継ぐときは、パスポートコントロールの後、荷物検査を経て、長〜い地下のトンネルを歩いた先にあるターミナルに移動していたのですが、なんと今回のバルセロナ便は荷物検査場のとなりのゲートから出発。
 成田からの便が着いたのが午後4時40分で、午後5時にオンタイムで乗り継ぎ便のボーディング開始というタイトスケジュールだったのに、タバコを吸う余裕もありました。バルセロナ入りする時はいつも同じフライトなので次回にも期待です。

 そのバルセロナ便はけっこう空いていて、通路側に座った僕のとなりが空席で、窓側に女性。空いている席には彼女のクマのぬいぐるみちょこんと座ってました。
 その彼女ですが、アメリカ在住のファッションモデルさんで、身長が190cmくらいで顔が小さいのなんの。12等身の人って本当にいるんですねえ。バルセロナに遊びに来たそうです(別に僕が積極的に話しかけたんじゃないですよ。向こうから話しかけられたんですよ)。こちらも観光だったらねえ、あ〜残念でした。

f0003285_7301868.jpg

 空港からホテルまでレンタカーの道中もスムーズ。そうそう、こちらも高速にオービスがあるんですね。今回初めて気がつきました。

さて、明日はいよいよマクラーレンの新車とご対面です。写真だとMP4-18にも見えますが、どんなマシンなのか楽しみです。
[PR]
by eflog | 2006-01-24 07:49
バルセロナに行ってきます
成田空港に無事到着。
東関道はまだ路面に雪が残っていたところもあるし、一部凍結で速度規制があったせいか、みなさんいつもよりのんびり走ってましたねえ。

成田は都内よりたぶん5度くらい気温が低いような気がします。
ターミナルの外に置いてある荷物カートもキンキンに冷えてました。

朝の中国や台湾に向かうフライトは機材の準備が出来ていないなどでディレイが出ていますが、ヨーロッパ便は大丈夫なようです。

では、行ってきます
[PR]
by eflog | 2006-01-23 09:28
テストのタイム 17~19日
更新ができなかった17日火曜日から19日木曜日までの2日間のタイムをアップします。
20日-金曜分は明日にはアップできると思います。

さて、来週は新車怒濤の3連発ウイーク。
フェラーリ657(コードネーム)、ホンダRA106、ウイリアムズFW28がお披露目されます。
楽しみですねえ。
実は、マクラーレンの新車も23日にバルセロナでデビューする予定なのですが、もしかしたら間に合わないかもしれないとのこと。
ただし、ライコネンは予定どおり木曜日にオフテスト初参加するそうです。
忙しい1週間になりそうです。

僕は23日の月曜日からバルセロナに入りします。このブログでも最新情報をお伝えしますのでお楽しみに。

17日-火曜日
<ヘレステスト1日目>
晴れ/ドライ T-/26 A-/17
ドライバー シャシー エンジン タイム 周回数
1.ペドロ・デ・ラ・ロサ MP4-20-V10 1'18"853 95
2.ヤルノ・トゥルーリ TF106-V8 1'19"034 69
3.ゲイリー・パフェット MP4-20-V10 1'19"135 79
4.ラルフ・シューマッハー TF106-V8 1'21"275 25
5.ニコ・ロズベルグ FW27C-V8 n/a 39

<バレンシアテスト1日目>
晴れ/ドライ T-/ A-/
ドライバー シャシー エンジン タイム 周回数
1.ニック・ハイドフェルド BS F1.06-V8 1'13"430 29
2.ジャック・ビルヌーブ C24B-V8 1'14"037 50

18日ー水曜日
<ヘレステスト2日目>
曇りのち晴れ/ドライ T-/23 A-/16
ドライバー シャシー エンジン タイム 周回数
1.ジェンソン・バトン BAR HONDA078-V8 1'18"396 97
2.ヤルノ・トゥルーリ TF106-V8 1'18"659 44
3.アンソニー・デビッドソン BAR HONDA078-V8 1'18"675 134
4.ペドロ・デ・ラ・ロサ MP4-20-V10 1'19"232 100
5.ゲイリー・パフェット MP4-20-V10 1'19"296 91
6.アレクサンダー・ブルツ FW27C-V8 1'20"299 62
7.ラルフ・シューマッハー TF106-V8 1'21"558 41
8.ニコ・ロズベルグ FW27C-V8 1'20"844 49

<バレンシアテスト2日目>
晴れ/ドライ T-9/23 A-9/22
ドライバー シャシー エンジン タイム 周回数
1.ジャック・ビルヌーブ C24B-V8 1'12"422 49
2.ニック・ハイドフェルド BS F1.06-V8 1'12"440 65

<シルバーストンテスト2日目>
晴れ/ドライ T-9/23 A-9/22
ドライバー シャシー エンジン タイム 周回数
1.マックス・ビアッジ EJ15B-V8  n/a 9

19日-木曜日
<ヘレステスト3日目>
晴れ/ドライ T-9/23 A-9/22
1.ジェンソン・バトン BAR Honda078-V8 1'18"799 93
2.ルーベンス・バリチェロ BAR Honda078-V8 1'19"285 62
3.ラルフ・シューマッハー TF106-V8 1'19"373 60
4.アレクサンダー・ブルツ FW27C-V8 1'20"198 78
5.ニコ・ロズベルグ FW27C-V8 1'20"318 52
6.ヤルノ・トゥルーリ TF106-V8 1'20"333 75

<バレンシアテスト3日目>
晴れ/ドライ T-9/23 A-9/22
ドライバー シャシー エンジン タイム 周回数
1.ニック・ハイドフェルド C24B-V8 1'12"293 40
2.ジャック・ビルヌーブ BS F1.06-V8 1'12"472 76
[PR]
by eflog | 2006-01-21 04:15
あれから11年……
今日、1月17日は阪神淡路大震災が起きた日でした。
普段は寡黙だった親父の「死ぬかと思った」というひと言はまだ耳に残っています。
幸い僕の家族はみんな無事でした。

最近はいろいろなところで震災時の非常グッズなど売っています。
我が家のベッドの脇には、非常食が入ったリュックだけでなく、靴を用意してあります。
靴を履けば、家の中に割れたガラスや食器類が散乱していても足を怪我することないですからね。

そんな日に耐震偽装問題のニュースを見ていると、悲しくなってきます。
地震国の日本だからこそ、耐震基準は遵守しなければならないと思うんですけど、まあ当事者にはそんな意識なんてないんでしょうね。
[PR]
by eflog | 2006-01-17 23:59



このブログに書いてある内容はあくまで個人的な意見ですのであしからず。写真の無断転載はご遠慮ください
by eflog