<   2006年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
5時間遅れ
いまホテルにつきました。

サンダーストームでフライトが遅れて予定より5時間遅れ。
ここまで遅れたのは久しぶりです。
ワシントンDCからそのサンダーストームをかすめるように飛んだのですが、雷雲のなかに稲光がピカピカ光ってました。
CNNによるとペンシルバニア州やニューヨーク州ではかなりの被害が出ている模様。
インディアナポリスも一時豪雨だったようです。
ホテルまでのタクシー運転手さん曰く土曜日に同じような雨が降るかもしれないとのこと。

さて、どうなることやら。
[PR]
by eflog | 2006-06-29 13:28
トランジット中
午前11時過ぎ、ワシントン・ダレス空港につきました。
ワシントンDCの国際空港であり、確かダイ・ハード2の舞台だったような……。

そうそう、元アメリカ国務副長官のアーミテージ氏(知ってます?)が同じフライトだったようです。ターミナル間の移動バス(のような乗り物)も迎えの人と一緒にすぐ目の前に立ってました。この空港をこれまでも何度か使っていますが、今回が初めてワシントンDCって感じがしました。
小泉首相も今日アメリカ入りでしたね。


入国審査もすごくスムーズ。
荷物をトランスファーした後、セキュリティーチェックも無事通過。まだ靴を脱がせるんですねえ。
ラウンジに来てコンピューターを開いたのが12時半過ぎ。
あと4時間近くあるので、ちょっと休んだら空港内を散策しなければ。
アメリカに来たら絶対買う物があるんですよ。すっごくくだらないものですけど。
[PR]
by eflog | 2006-06-29 03:41
カナダGP号は本日発売
今号の目玉は
スーパーアグリF1のニューマシンSA06の最新情報。
イギリスGP後ファクトリー取材で入手した独占情報あり!

ついに重い腰を上げたホンダの構造改革第一報ももちろん掲載。

連戦のため書店にならぶ期間がいつもより短いので
みなさんお早めにご購入ください

目印はF1通算100勝を喜ぶビバンダム!!

f0003285_311596.gif

[PR]
by eflog | 2006-06-29 03:16
明日からインディへ
明日からアメリカGPに行ってきます。

インディアナポリスには個人的な思い出がある街。

アメリカ生活に終止符を打った場所なので、いい思い出がないまま後にしたけれど、この仕事を始めるようになってたびたび訪れると、いかにもアメリカンな雰囲気もいいかなと受け止めることができた。
あの頃はニューイングランド地方に5年ほど住んでいたので、インディアナの100%アメリカ!!の雰囲気に滅入ってしまい帰国を決意したんですよねえ。懐かしいです。
そうそう、カナダGPの舞台モントリオールには夏休みの楽しい思い出が満載ですよ。

この仕事のおかげでいくつかの国(といっても毎年同じところばかりですが)に行ってますが、いまのところ日本を超える環境の国には出会ってません。
本当に世界中のものが手に入るし、とのかくなんでもある。
日本はたぶん世界一不自由しない国でしょう。
[PR]
by eflog | 2006-06-28 02:34
もう午前4時過ぎ
時差と戦ってます。
といっても日本でですが。

カナダGPは編集部、アメリカGPは現場というスケジュール。
明日の校了とかもつらいので、なんとなく北米時間で行動=夜更かししてます。


さて、今週一番のニュースはホンダの構造改革でしょう。
中本さんのシニアテクニカルディレクター就任&ジェフ・ウイリスのチーム離脱……。
ジェフはまだ正式には離脱していないようですが、ガーデニング中ということはその可能性は高いということ。
シルバーストンでは、新しい風洞のことを嬉しそうに話してくれたんですけどねえ。しかも先週のモンツァテストにも来ていましたから。

今回の構造改革で、ちょっと気になっているのは、ホンダレーシングF1チームへの栃木研究所のスタンスがどうなるか。
これまでは研究所の顔的存在の方達がいました。昨年までの橋健さんや木内さんがそうでしたし、言ってみれば今年の関野さんもそうでした。
しかし関野さんはイギリスGP後すでにF1プログラムから離れています(カナダGP前にこの話を知ったのですが、そのときはちょっと驚きました)。
たぶん中本さんがその後任というかその職務も兼任されることになると推測しているのですが、今回僕に代わって現場に行ってもらっている浩司さん(前F速編集長)には、そのあたりを含めてしっかり取材してくるようにお願いしてます。

まずはカナダGP号の巻頭では詳細のレポートをして、アメリカGP号で徹底検証を掲載しますのでお楽しみに。
[PR]
by eflog | 2006-06-25 04:16
リメイク大作戦
私本日32歳にしてミシンデビューしました。

ここ最近、時間があるときに服の整理をしていたところ、部屋の隅にいらない服の山ができてたんです。
なかには1度しか袖を通してないモノもあったり。
理由はいまのモノに比べると身幅やアームホールが太かったり、着丈が長かったりとか。
以前はフリーマーケットに出してもらったり、古着屋に売ったこともあるのですが、結構いい生地もあったりするので、どうにかこいつらを再利用できないかと悩んでいたんですわ。

で、今日、むしょーに自分でいじってみたくなったんです。
ここ数年店頭に並んでいるリメイクものを見て、なんか自分でも出来そうって勘違いしたんでしょう(笑)。

たまにデニムのダメージ加工とか自分でやってるし、もともといらいない服だから失敗してもいいかと、軽いのりで始めてみました。

まずはふだん愛用している服たちをじっくり観察して、各パーツの形状を研究。
そしていらない服から似たようなものを選んで、解体。
だいたいこんなものかなと感覚で寸法を決めて、裁断。
そしていよいよ裁縫。

ミシンは妻が実家から持ってきていたものがあるんですが、使い方がワカラン……。上糸? 下糸??  彼女の講義を受けながらおっかなびっくり動かして、かれこれ2時間ほどでボディが完成!!
初めてにしてはなかなか上出来。

f0003285_4393872.jpg
右が解体したまんまの袖。アームホールも狙いどおり小さくなってます。でもどうやって袖を縫いつけるんでしょうか??


f0003285_4385273.jpg
写真では分かりにくいですが、サイドラインも弱冠カーブさせてます。着たときのサイズ感もOK。
いっそのことノースリーブ仕様で、襟、袖口、ポケット周りを黒革でパイピングしてもいいかも。



f0003285_4521434.jpg
ちょっと参考にしてみたのがこのシャツ。袖口とか襟にパイソン革が男臭くて気に入っている。でもこの天候だと着る機会が少ない(悲)

まあこんな感じになればいいなあということで。
どうなるかはお楽しみ。
[PR]
by eflog | 2006-06-18 05:05
1週間経っちゃいました
更新遅れてました。
すみません。

体調を崩したわけではないです。

元気にしてました。

木曜日は帰国中の吉本選手とちょっと遅めのお昼ご飯を食べて、金曜夜は川井さんと夜1時過ぎまで飲んで、いつになく充実 しているグランプリの合間の数日を過ごしてます。
そうそう、帰国したばかりの左近選手も水曜日に我が社まで来てくれました。感謝です。

それにしてもイギリスGP……。
f0003285_3512123.jpg天気は良かった……。毎朝こんな感じで快晴だったんですが。



日本勢3チームのうち2台完走したのはスーパーアグリF1のみ。
トヨタ、ホンダも1台ずつ。しかも0ポイント。トホホ……。
日の丸&君が代がレースを追うごとに遠のいているような気がします。
あ〜、2004年の興奮をもう一度!!


f0003285_3494419.jpg
グリッド最後尾からヤルノ、琢磨、モンタニー、バトンを眺める。



それにしてもスーパーアグリはよく2台とも完走したなあと思います。
土曜日のフリー走行を見ている限り、これは最悪の週末になりそうな雰囲気が漂っていましたから。

f0003285_3533120.jpgまず琢磨がコースアウトしてクラッシュ。セッション中に戻ってきたマシン
f0003285_3535634.jpg琢磨のクラッシュ直後にコースオフしてストップしたモンタニー。こちらも琢磨車両に続いて帰ってきました
f0003285_3541291.jpg琢磨車両はダメージが大きいため、T−カーに入れ替え決定。狭いガレージではマシンの入れ替えも大変ですわ。
f0003285_3542518.jpg琢磨車両とモンタニー車両に立ち、亜久里代表はなにを思う。


てな感じでございましたから。



f0003285_421774.jpg
このふたり相当強運の持ち主ですな。
[PR]
by eflog | 2006-06-18 04:05
イギリスGP初日
暑いです。
日焼けしてまた頭の皮がむけちゃいそうです。
開催がいつもより1カ月早いので長袖中心の服を持ってきたのは失敗でした。

f0003285_8182891.jpg
SAF1のサードドライバーの座を手に入れた左近選手。昨年の日本GP以来のF1ドライブに「F1に戻ってこれてうれしい」とのこと。まずはアメリカGPまでの3戦ですが、その内容如何ではレギュラー昇格もあるのではないでしょうか。
明日の走行は注目です。


f0003285_8243580.jpg今朝、サーキットの駐車場で鉢合わせたハッキネン。
ひさしぶりに挨拶を交わしました。いい人ぶりは相変わらず。
DTMのおかげで、フィジカルコンディションはかなりいいようです。
来年マクラーレンに帰ってきたら面白いのになあ。


f0003285_8311984.jpg今晩はブリヂストンが日本人メディアのために夕食会を催してくださいました。
ワインもご飯も大変美味。ありがとうございました。
そこであった1シーン。赤井巨匠と川井チャンがなにやら怪しい密談中?? じつはかなり貴重なツーショットなんですな。


f0003285_8393078.jpg
突然ですがクイズです。
ここはどこでしょう?
朝、立ち寄ったところなんですが、ヒントは水面に映る建物かなあ。
正解しても賞品はありませんが、分かったかたはかなりのF1マニアです。
[PR]
by eflog | 2006-06-09 08:49
これからシルバーストンへ
モナコの時差ボケが明けることなく今日からイギリスに向かいます。

今回一番のお荷物がこちら
f0003285_8512938.jpg
ハコをよく見れば分かってもらえるでしょうか。
MAC用のキーボードです。

パリ在住のジャーナリストであり、僕の知人としてはたぶん一番わがままな人でもあるムッシュへのお届け物。
ムッシュは映画が大好きで、よく日本のサイトを使って通販しているのですが、困ったことにご購入されたDVDがいつも編集部の僕宛にとどきます。
けっこう頻繁に小包が届くので、我が社の総務の人も不思議がっていることでしょう。

しかも、パリジャンのムッシュらしいのが、こちらの都合なんてお構いなしに「●×勝ったんだけどそのうち届くから持ってきて〜」と購入後にメールしてくること。

で、今回。
モナコから帰ってくると、「i-mac買ったんだけど、JISキーボードだけ日本で買ったのでよろしく〜。飯おごるから」というメールが……。

はあ? キーボードだあ〜〜

しかも飯おごるって、イギリスじゃん

蒸しトマトやビーンズなんて食べても嬉しくない……。

こうなったら、今度ムッシュにル・クルーゼのお鍋を頼んでやる(笑)

本当は、たまにはちょっと放置プレイしようかとも考えたんですよ。
だってデカイんだもん。

そもそも機内持ち込みの荷物はファックスでいっぱいいっぱいだし。しかも今回は、これまたおフランスの某フォトグラファーの一眼レフカメラも持って行くことになったのでねえ。

でもねえ、結局なんだかんだ言って僕は優しいんですなあ。
ムッシュのカワイイ娘さんが困るだろうなあと思い、キーボードの周りの空いているスペースに、パズルのようにいろいろ詰め込んで、なんとかパッキング終了。

結構なひと仕事でした。
[PR]
by eflog | 2006-06-07 09:29
モナコでした
f0003285_17233131.jpg結局アロンソがポールから逃げ切り。余裕の4勝目。もしミハエルが前からスタートしていたら……。


f0003285_17261368.jpgライコネンはまたもマシントラブルでリタイア。今年はまだ一度も勝っていないフライングフィン。心はもうマクラーレンにあらずといった感じ。


f0003285_17334437.jpg
ここにきて失速感があるホンダ。開幕してからライバル勢の伸びについていけていない。いろいろトライはしているようですが「なかなか当たらないんだよなあ……」とはレース後の某エンジニア。
バリチェロはピットーレンスピードリミッター・ボタンの2度押しで速度違反を犯し、3位から転落。一方バトンは、ただでさえセッティングが決まっていないマシンに90kgの燃料を積んで辛い状況だったと思いますが、トロロッソに負けるとは……。


f0003285_17493831.jpgレース後のトゥルーリ一家。こちらを向いているのがエンツォ君。結構大きくなってました。せっかくバリチェロから転がり込んできた3位でしたが、残り6周でハイドロが落ちてリタイア。ヤルノは05年イタリアGPを最後に11戦連続0ポイント……。


2003年からモナコGPは、他のサーキット同様に観客の安全を考慮して、高いフェンスで囲われています。そのためガードレールというより檻のなかを走っているようにも見えます。でもじつはまだ、「手をのばせばドライバーのヘルメットを叩ける」スポットが残っているんです(残念ながら報道陣のみですが)。
それがプールシケインへの入り口。タバココーナーからプールシケインまでの区間、なぜか海側にはフェンスがないので、アペックスの真上に立つことができます。f0003285_17575584.jpgちょうどマシンの高さに歩道があり、つま先をかすめるように次々とマシンが駆け抜けていきます。文句なしに世界で一番本気走りのF1マシンに近づけるスポット。しかも自分に向かってマシンが突っ込んでくるからその迫力は最高です。いったんこの刺激を覚えてしまうと、他のサーキットが物足りなく感じます。(写真が下手ですみません。ぜんぜんピントあいませんでした)


ここからは少しGP2のネタを
f0003285_18474564.jpgf0003285_1848476.jpgf0003285_18481482.jpgフリー走行が始まってすぐ、吉本選手はプールシケインの出口で縁石に乗りすぎマシンが跳ねてそのまままっすぐタイヤバリアにクラッシュ。チームはなんとか予選に参加させようとピットでマシンを修復作業に入ります。一番ダメージが大きかった右フロントサス周りを直して、ブレーキのエア抜きを行っていたら、今度は右リヤからブレーキフルード漏れが発覚。本来ラインはロワアーム通っているのですが、違うラインをバイパスしてアッパーアームにタイラップで結ぶ応急処置。予選残り14分で出走していきました。決勝では事故のダメージがあったのか、ブレーキキャリパーからブレーキフルードが漏れてしまい、結局リタイア。「めっちゃくちゃくやしいっすわ」とはレース後の吉本選手。次のシルバーストンで嫌な流れを断ち切ってもらいたい。

f0003285_18595413.jpg
勝ったのはルイス・ハミルトン。21歳のイギリス人です。13歳のときからロン・デニスが面倒を見ている秘蔵っ子。じつはアロンソのチームメイト候補でもあります。僕が初めて彼にあったのは6年前(当時彼はマクラーレンが作ったKARTチームに所属し、チームメイトはニコ・ロズベルグでした。彼らふたりと一緒に写っている写真が家のどこかにあるはず)。その時からちゃんとこちらのことを覚えてくれてます。今回もちゃんとカメラ目線くれました(笑)。
エライ!! 
F1に来てもその心を忘れずにね。


f0003285_1914506.jpg
というわけでモナコGPでした。
次はシルバーストン。
はたしてルノーを止めるチームが出てくるんでしょうか。
[PR]
by eflog | 2006-06-01 19:21



このブログに書いてある内容はあくまで個人的な意見ですのであしからず。写真の無断転載はご遠慮ください
by eflog
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30