<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ウイークエンド
暑い日は好きですか?

僕は大好きです。

だから今日みたいな日は率先してテラス席。
お茶しながら陽射しを浴びてると、身体にエネルギーが充填されるのを感じます。
もちろん熱中症には気をつけてます。


今日の昼間FM-FUJIさんの生番組に電話出演しました。
琢磨の活躍やハミルトンvsアロンソなど、
5分ほどですが質問に答えさせていただきました。
自宅の電話で話していたので、なんだか不思議な感じでした。
[PR]
by eflog | 2007-06-24 03:26
アメリカGPその2でした

「お、ファレルじゃん!!」
と思わず撮っちゃいました。
f0003285_6574499.jpg


プラチナヒットのプロデューサーで、F1のゲストとしては珍しいヒップホップ系アーティスト。
彼の手がけた曲は僕のipodにいろいろ入ってます。




新発見。
f0003285_7104037.jpg

なにげな〜くシャッターを押していたこの写真。
よく見るとミラーの前に水平にフィンがあるじゃないですか。
ほ〜、全然気が付きませんでした。
これだけピントも構図もダサい写真でも、後から情報を与えてくれることもあるので、僕はパシャパシャ撮ってしまいます。誌面に出すわけでもないですから、言ってみればメモ代わりです。






レース後デビュー戦で入賞したベッテルをインタビューするニキ・ラウダ。
f0003285_7384357.jpg

僕が5歳の時、何かで読んだ“不死鳥ラウダ”という言葉にブルっときたんですよね。
あのころはF1って、男のロマンというか命を賭けて戦ってるってイメージでした。
とにかく速いドライバーがカッコイイと思ってたし。



ハミルトン2連勝。
すごいですねえとしか言いようがありません。
ただあまりにも優等生なので、いつか優等生であることを叩かれてしまわないか心配です。

たとえばわざとアロンソを前に出して、その後ズバっと抜き返す、なんて演出をしてみないかい(笑)
それは冗談でも、ロン・デニス様、もうふたりにバトルさせてくれませんか。

04年フェラーリが圧勝したシーズンで、なにが一番つまらなかったかというと、フェラーリが圧勝したことではなくて、ミハエルがナンバー1、チームメイトのバリチェロは絶対ナンバー2とハッキリしていたこと。(まあバリチェロにはマイケルに挑む権利がなかったとも言いますが)。ミハエルがスタートでトップに立った時点で「レース終了〜」って雰囲気が露骨にあったのがつまらなかった。フェラーリの2台がレース中に真剣にトップ争いをすることはなかったですから。だからこそBARホンダが速かったレースでは期待してたんですよねえ。あのモナコとアメリカは絶対勝ててましたから。

幸い先週末のアメリカGPでハミルトンVSアロンソという姿を、ほんの一瞬だけど見たときには、同じカラーリングのマシンが真剣にトップ争いするなんて何年ぶりだろう、って思ったんですよね。

だからロン様、チームとしてワン・ツーフィニッシュが大事なのは分かりますが、せめてもうちょっと我慢してふたりのバトルを見せてくれませんでしょうか。
よろしくお願いします。

そうそう、BSの浜島さんは「ハミルトンの方がアロンソよりもタイヤの使い方がうまい」と申しております。
チャンピオンシップを占う上ですごく重要なお言葉かと思います。
[PR]
by eflog | 2007-06-22 09:19
アメリカGPその1
水曜日にモントリオールからシカゴに飛んで、そこからレンタカーで4時間で走ってインディアナポリスへやってきました。

f0003285_2223321.jpg

僕は空港から途中まで運転したあと、助手席で爆睡。
北米2連戦はなかなか時差ボケが抜けず、ホテルでも午前3時とか4時に目が覚めてしまいます。


さて、インディといえばターン13。
ブリヂストンは今年のタイヤを開発するにあたり、このターン13の負荷もしっかりと受け止められるコンストラクションを採用しているので「絶対大丈夫です」とのこと。
これまでトラブルを起こしたのはミシュランでしたから、まったく問題ないでしょう。

f0003285_2224062.jpg

フリー走行では浜島さん自らターン13の走行状況をチェック。



f0003285_22243796.jpg

走行が終わったタイヤも入念に確認。


さて、昨日ですが、あらためてハミルトンの肝っ玉のデカさを感じました。
計測1周目から、インフィールドからバンクへ入るターン11の出口を、バンクの一番高いところ=アウト側のウオールギリギリまで駆け上がって、そこから一気に下るライン取りで走り始めたんです。オンボードを見ていると、タイヤとウオールの間は20センチもないギリギリのライン取りでけっこうドキドキしたんですが、本人は「コース幅一杯つかってるだけだよ。そんなにヘン?」ですと。
恐れ入りました。
[PR]
by eflog | 2007-06-16 22:45
モントリオールをぶらぶら2日目
今日のモントリオール。
気温30度。
厳しい陽射しが路面を焼いて、地熱がモワ〜っと暑い。
この下から熱が来る感じはあんまり好きじゃない。
南国みたいにお日様がピカーっていうのが好き。
それでビーチに寝ころんでるのが最高のシチュエーション。
うちのホテル、プールあったかなあ?

f0003285_4151993.jpg

さて、こちらはSte-Catherine通りです。
英語だとセント・キャサリンですが、フランス語ではサン・カトリーヌなんでしょうか。
パリ在住のムッシュはそう呼んでます。
目抜き通りです。
でもモントリオールは地下街の方がメインですね。

それにしても暑いなあ〜。
これを書いているホテルの部屋の窓は全開。
冷房を入れると冷え過ぎちゃって嫌なんです。とくに頭が(笑)。
僕は学生時代の4年間をここから車で3時間くらい南東に行ったアメリカの田舎町で過ごしたんですけが、とにかく冷房というものがなくて、夏は扇風機というか正方形のファンを窓にガコっとはめて過ごしてました。

今日のランチは「大阪」という和食屋さん。
松本さんとふたりでホテルからお散歩がてら行ってきました。
いつも行く「いざかや」さんから比較的近くにあるのですが、入るのは松本さんも僕も今日が初めて。
内装はすごくシンプル。お味は、美味しかったです。
もう30年以上経営しているそうで。
オーナーさんはなんどか代わっているみたいですけど老舗でした。
また来年来ます。

ここ数日和食やコリアンが続いているので、そろそろステーキ食べたいなあ。
草履みたいに大きくて、ゴムを噛んでるみたいに大味なステーキは北米じゃないと食べられないからなあ。
今晩かインディでかならず行こっと。
[PR]
by eflog | 2007-06-13 04:40
モントリオールでのんびり1日目
今日の午後、クビカは無事に退院しました。
しかも病院から自分で車を運転していったとのこと。
いまごろインディに向かっているはずです。

それにしても、あれだけ激しい事故を起こしながら、軽い脳しんとうと捻挫だけで済んだのは、HANSをはじめとするF1の安全技術の向上もあるだろうし、運もあるのかなと思います。

クビカはF3時代に右腕を骨折していたにもかかわらず、ギブスをしたままレースに出て勝ってしまうほどのファイティングスピリットの持ち主。

2000年にもてぎ行われたカートのセナカップでは、ハミルトンやニコと同じクラスで走ってましたが、そのときはちょっとした暴れん坊で、ガンガン周りを蹴散らして最速ラップを出していたので、どんなやつなんだろうと思って話を聞きにいくと、とても人なつっこい笑顔の持ち主で、そのギャップが印象的でした。
当時はまったく英語もしゃべれないなか、インタビューに応えてくれたことを覚えてます。

当時はハミルトンとニコはF1に来るのは間違いないと言われていましたが、あのクビカがきっちりF1に上がってきたことは嬉しくもあります。

日本人ではたしか他のレースで中嶋一貴が出てました。
上級クラスにはコバライネンとかもいましたねえ。

ドライバー同士ってF1に来る前にどこかで戦っていたりするんですよね。
まあ当たり前なんでしょうが。

企画にしてもおもしろいかな〜。

なんてことを考えたり、アメリカ号用の原稿書いたりしながら、モントリオールで中日を過ごしてます。
[PR]
by eflog | 2007-06-12 07:45
おめでとう!!
琢磨がまた魅せてくれました!!
残り5周でラルフ、そして残り3周でアロンソをぶち抜くオーバーテイクショー。
サーキットは大歓声に包まれました。


そしてハミルトンが初優勝。
個人的にダブルで嬉しいカナダGPになりました。
レースを見逃した方は、本誌をお待ち下さい。
時差の関係でいつもよりタイトなスケジュールですが、頑張ってますよ〜。


グリッドですごくリラックスしていた琢磨
f0003285_1149817.jpg



そしてレース後!!
f0003285_1152685.jpg

[PR]
by eflog | 2007-06-11 11:59
カナダGP初日 寒い!!
ご無沙汰してます。
昨日からカナダGP取材でモントリオールに来てます。

今日はとにかく寒かったです。
最高気温は20度と言ってましたが、体感温度は10度くらい。
それなのにプレスルームは冷房がガンガン効いてさらにカラダが冷えます。
坊主頭の僕は我慢しきれず、ビーニーをずっとぶってました。

f0003285_1046075.jpg

新デザインのウインタージャケットを羽織る琢磨くん。
今晩は久しぶりに一緒に晩ご飯を食べてきました。
琢磨くん、マネージャーのアンドリュー、SAF1のオーデット&F速取材陣の計7名で和食三昧。
楽しかったです。

その時の写真はたぶんサ便にアップされるはず。
[PR]
by eflog | 2007-06-08 12:31



このブログに書いてある内容はあくまで個人的な意見ですのであしからず。写真の無断転載はご遠慮ください
by eflog
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30