<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
イスタンブール その1
f0003285_2443848.jpg

朝はホテルからサーキットまで30分で着くのに、帰りは2時間かかるトルコGP。
例年のことながら、サーキットがあるアジア側からホテルがあるヨーロッパ側まで帰るときの交通事情は厳しいなあ。
結局ボスフォラス海峡をフェリーで渡っても橋を渡っても結局同じくらいの時間。
来年はやっぱりホテルをアジア側にしようかなあ

まあ、陸海空の交通手段を体験できるのはこのグランプリだけです。


f0003285_2455783.jpg

レッドブル入りしたジェフが現場に来ました。
イタリアGP号に独占インタビューを掲載しますのでお楽しみに。


f0003285_2471736.jpg

テレビで気付いた方もいると思いますが、フェラーリのタイヤフェアリングには前後ともにホイール柄が入りました。フロントについたカナードはハンガリーかららしい。僕はハンガリーで気が付きませんでした。

f0003285_2483617.jpg

そのフェラーリのフロントウイングですが、翼端版の銀と赤のカラーリングに違いがあることを発見。この写真以外のすべては上側のカラーリング。しかもライコネン用のひとつだけがこのカラーリング。何かの識別用だと思うんですが、形状は同じなんですよねえ。

f0003285_249341.jpg

サーキットの向こうでは山火事。
予選後には自然鎮火してました。

f0003285_2462427.jpg

トヨタが新しいフロントウイング(手前)を投入。
従来型(奥)に比べてノーズコーン先端が低くなっていることが分かります。狙いはフロントグリップの向上だそうです。
金曜午後4時が30分からクラッシュテストを受けて一発合格。土曜日は比較テストをするだけの予定でしたが、ドライバーも好感触だったのでそのまま予選でも使いました。
今後もこのノーズコーンを使っていくとのこと。

トヨタの他にもレッドブル、ルノー、スパイカーなども新しいフロントウイングを入れてました。


f0003285_248433.jpg

フリー走行のタイムを見るとレースペースはフェラーリが有利。果たして明日の決勝はどうか?楽しみです。



おまけ

f0003285_2464890.jpg

土曜日午前のフリー走行が終わって、マクラーレンの2台がガレージに戻ってくるのを待っていた時のこと。
まずハミルトンが帰ってきて、次はアロンソだとカメラを構えていたら、ファインダーに飛び込んで来たのはアースカラー!!。
マクラーレンのクルーと同じくらいビックリしました。
ドライバーがピットを間違えることはたまにありますが、ジェンソンが間違えたのは初めて見ました。
ただそれだけです。
[PR]
by eflog | 2007-08-26 02:57
Happy Wedding!!
ハンガリーから帰国して1週間。

毎日30度越える暑い日々。
みなさん体調いかがですか。

編集部は「F検」製作が佳境。
うだるような暑さにも負けず、お盆休みもなく働いてます。


そんななか、この間の日曜日、10年来の友人の結婚記念パーティーに行ってきました。
都内の某カフェを貸し切り、とここまではよくあるんですが、
なんと中庭に夏祭りコーナーを特設。
焼きそばとか金魚すくいなど色々あって楽しかったです。
f0003285_157131.jpg

個人的にはシャンパンを飲みながらつまむお好み焼きが最高でした。
呼んでくれてありがとう!!
幸せそうな姿をみて、元気をもらいました。
お互い家族を大事にしないとね。
[PR]
by eflog | 2007-08-15 01:53
ハンガリーGP NAKAJIMA
土曜日に行われたGP2の第1レースで日本人最高位の2位を獲得した中嶋一貴選手。

レース後、今回フジテレビのゲストでサーキット入りしている父の悟氏がガレージを訪問。
報道陣に囲まれてかなり照れくさそうでした。
f0003285_18101190.jpg

「日本にいるよりは楽しそうだな(笑)」と悟氏。
[PR]
by eflog | 2007-08-05 18:16
ハンガリー その1
予選が終わってから8時間。

長い審議が終わり、アロンソの5番グリッド降格&ハンガリーGPのマクラーレンのコンストラクターズポイントを認めないという厳しい裁定が下りました。

ハミルトンが最後のアタックに時間切れで間に合わなかったのは、アロンソが必要以上にピットにいたからとレース審議会は判断したわけです。

予選後、夕刻に行われた会見で、ロン・デニスは「最後のアタックが間に合わなかったのは、第3セッションの走り始めにハミルトンが彼より1周重い燃料を積んだアロンソを“前に行かせろ”というチームオーダーを無視したことで、そこからすべてのプランが狂ったため。アロンソはアタックに入るための十分なスペースを得るためにエンジニアからの指示でボックスアウトすることを待っていた」とアロンソを擁護。

アロンソはチームが予定していた20秒(この間チームはアロンソにタイムをカウントダウンしているのでアロンソから話しかけることはできない)だけでなく、その後正しいセットのタイヤを履いているかを確認して出て行ったのですが、その確認に10秒もかかるのはおかしいだろうとペナルティ。

そしてマクラーレンに対しては、あの時点ではコース上に4台しかおらず、しかもライコネンはピットインしていたので20秒もストップを予定するのはおかしい。タイヤ交換だけで済んだはずだからチームの言い分は認められない。これら一連のチームの行為はモータースポーツ精神に反していると判断。


たとえばハミルトンが譲らなかったことに対してアロンソが仕返したというのであればペナルティも分かりますが、それを証明することはできないし、そもそも事の発端はルイスが指示に従わなかったわけですからねえ。

優等生のハミルトンがチームの指示を無視することも驚いたし、アロンソはちょっと被害者のように思えます。

チームはすでに控訴しています。
[PR]
by eflog | 2007-08-05 16:01



このブログに書いてある内容はあくまで個人的な意見ですのであしからず。写真の無断転載はご遠慮ください
by eflog
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31