2006年 02月 04日 ( 2 )
チーム&ドライバー別テスト走行距離
ウイリアムズが、2月3日終了時点での今オフシーズンテストのチーム別&ドライバー別(こちらはトップ5のみ)の総走行距離を発表しました。

テスト中は、チームが独自にロガーで周回数やラップタイムを計測しているので、実際の数字と若干誤差があるとは思いますが、十分参考になる資料なので特別に掲載します。
おもしろいですよ。
なお、フェラーリは単独テストなども多く詳細がわからないので計測していないとのこと。

チーム別テスト走行距離(11月28日~2月3日)
第1位.Honda 15,115.95km
第2位.McLaren Mercedes 14,284.55km
第3位.Renault 13,093.25km
4.Toyota 12,807.07km
5.WilliamsF1 8,969.635km
6.BMW Sauber F1 Team 7,274.93km
7.Red Bull Racing 5,601.358km
8.MF1 2,683.368km
9.Torro Rosso 2,495.696km

ドライバー別走行距離トップ5(11月28日~2月3日まで)
第1位.ペドロ・デ・ラ・ロサ 5,869.164km
第2位.アンソニー・デビッドソン 5,301.724km
第3位.ジェンソン・バトン 4,940.229km
4.リカルド・ゾンタ 4,705.872km
5.ヤルノ・トゥルーリ 4,590.736km

f0003285_18461613.jpg

トヨタ、マクラーレン、ルノーをおさえて、もっともテスト距離を稼いでいるのがホンダ。RA806EエンジンとRA106の車体全体のパッケージはかなり高いレベルにあります。ただし、まだエンジンが2レース保つか微妙なところ。バレンシアのシミュレーション走行では、「1レース目は勝ったけど、2レース目はギリギリかな〜」という感触でした。
開幕まで後1カ月と考えると、なかなかいい状態で来ているのでは。
[PR]
by eflog | 2006-02-04 19:09
バレンシアテスト 2月3日
金曜日はルノー、マクラーレン、トヨタ、ウイリアムズ、ザウバーがテスト。
ルノーはアロンソとコバライネンともにトラブルフリーでレースディスタンスをカバー。
昨年同様、信頼性は高いものがあります。

ウイリアムズのオリベイラとは05年全日本F3チャンピオンのオリベイラです。

<バレンシアテスト4日目>
晴れ/ドライ T-/18 A-/14
ドライバー シャシー エンジン タイム 周回数
1.フェルナンド・アロンソ R26-V8 1'10"530 144
2.ヘイキ・コバライネン R26-V8 1'10"920 168
3.ニコ・ロズベルグ FW28-V8 1'11"404 55
4.ペドロ・デ・ラ・ロサ MP4-20-V10 1'11"667 96
5.ニック・ハイドフェルド F1.06-V8 1'11"799 87
6.ラルフ・シューマッハー TF106-V8 1'11"843 76
7.リカルド・ゾンタ TF106-V8 1'11"938 115
8.ロベルト・クビカ C24B-V8 1'12"112 89
9.ファン−パブロ・モントーヤ MP4-21-V8 1'12"802 71
10.ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ FW27C-V8 1'13"920 32
[PR]
by eflog | 2006-02-04 18:23



このブログに書いてある内容はあくまで個人的な意見ですのであしからず。写真の無断転載はご遠慮ください
by eflog